≪音楽≫≪サクソフォン≫で東北を元気に!

第8回報告

第8回東北サクソフォンフェスティバル報告

2020年2月16日(日)、仙台市宮城野区文化センターパトナホールにて「第8回東北サクソフォンフェスティバル」を開催いたしました。

リハーサルの様子

合奏の部に参加する出演者は朝9時からゲストとともにステージでのリハーサルを行いました。

リハーサル風景 リハーサル風景

リハーサル風景 リハーサル風景

リハーサル風景 リハーサル風景

講習会の様子

午前中は音楽室にて講習会が行われました。

11:00~
古溝徹先生のおもしろサックスセミナー

セミナー1

セミナー1 セミナー1

東北地方から数多くの素晴らしい奏者を輩出している古溝徹先生による実演と楽しいお話に会場からも笑顔がこぼれます。

11:30~
若手奏者による現代奏法講座

セミナー2 セミナー2

セミナー2 セミナー2

東北地方出身の若手奏者による、“循環呼吸”“フラジオ”“スラップタンギング”などの特殊奏法の実践や解説では、初心者の方を中心に驚きの声が上がっていました。

一般公募によるアンサンブルステージ

メイン会場のパトナホールでは、フェスティバルコンサートが開催されました。

一般公募によるアンサンブルステージでは、アンサンブルの部の6団体、合奏の部3コースによる演奏の披露が行われました。
アンサンブルの部では今回初の試みとして6団体すべてのメンバーでの大合奏も行われました。

アンサンブルの部 アンサンブルの部

アンサンブルの部 アンサンブルの部

アンサンブルの部 アンサンブルの部

アンサンブルの部の様子

全体合奏威風堂々

アンサンブルの部全員での「威風堂々」

合奏の部 合奏の部

合奏の部 合奏の部

合奏の部の様子

展示試奏コーナー

文化センター2Fのリハーサル室では、メーカー各社協力の「楽器展示・試奏コーナー」が同時開催。
機種ごとの音色の違いを実際に吹き比べができる貴重な機会ということもあり、午前中からたくさんの方にご来場いただきました。

展示

展示 展示

東北ゆかりのサクソフォン奏者によるステージ

実行委員を務める、東北出身・在住のプロ奏者によるステージ演奏も行われました。
ゲストドラマーの黒瀬氏とともに、映画音楽や吹奏楽で人気の名曲が披露されました。

東北プロ 東北プロ

ゲストによるスペシャルステージ

フェスティバルコンサートを締めくくるのは、スペシャルゲストのカルテット・スピリタスです。
ユーモアあふれるトークと華やかな演奏に、会場はぐっと引き込まれました。

ゲスト

最後は松原氏の同級生である実行委員長の永野も加わり、5人での演奏も行われました。

ゲスト ゲスト

アンコールは「熊ん蜂の暴走」。

アンコール 暴走中

ご参加・ご来場の皆様、ありがとうございました。

まだ日時・会場は未定ですが、ただいま事務局では「第9回東北サクソフォンフェスティバル」の開催に向けて準備を開始しております。
詳細は随時当サイトにアップしてまいりますので、定期的なチェックをお願いいたします!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional