≪音楽≫≪サクソフォン≫で東北を元気に!

第7回フェスティバル報告

第7回フェスティバル報告

「第7回東北サクソフォンフェスティバル」はおかげさまで大盛況のうちに幕を閉じました。

チラシ画像

再び仙台へ ~コンパクトな開催~

今回は開催地を再び仙台へ戻しました。2年ぶりとなる仙台市太白区文化センターでの開催です。
会場の使用規定の都合上、例年よりコンパクトな開催となりましたが、雪のちらつく午前中から展示試奏コーナーへのご来場があり、にぎやかさが凝縮された会となりました。

迫力の合奏

グレンミラーメドレー

フェスティバルのメインイベントであるフェスティバルコンサートのスタートを飾ったのは“合奏の部”出演者による迫力のラージアンサンブルでした。
合奏の部は、東北地方を中心に全国各地から集まったサクソフォン愛好家の皆様がこの日のために演奏を作り上げる部門です。
1月に行われた勉強会や2・3月に行われた合同練習会を経て、華やかなサウンドが創られていきました。

ラテンフェスタ メガリス

当日は文化センターの開館とほぼ同時刻からゲストとのステージリハーサルも行われ、緊張した表情の出演者の姿もありましたが、本番は皆さんいきいきと演奏されていました。

息の合ったアンサンブル

アンサンブル4 アンサンブル3

迫力ある合奏のあとは、各地域で活躍している団体によるアンサンブルの部の演奏です。
音楽教室の仲間や、学校の部活動メンバー、地域の演奏団体などによる息の合ったアンサンブルは、合奏とはまた一味違う魅力を味わうことが出来ます。

にぎやかなホワイエ

展示1

楽楽楽ホールのホワイエでは、午前中から「楽器展示・試奏コーナー」が設けられ、多くの来場者でにぎわっておりました。
楽器メーカー各社による一押しの機種が勢ぞろいする姿は、なかなか仙台でも見ることが出来ません。

展示2

コンサートの合間の大休憩の時間は気になる楽器を試奏する人の姿も多く、試奏者は各機種の音色の違いを吹き比べて楽しんでいました。

ゲストによる圧巻のプレイ

フェスティバル後半戦はゲストによるスペシャルステージです。

林田氏と原田氏による演奏

前半はクローバー・サクソフォン・クヮルテットの林田祐和氏とピアニストの原田恭子氏による演奏です。
クラシカル・サクソフォンの珠玉のレパートリーの数々が披露され、繊細な音色の変化や華やかな技巧に客席は息を呑みました。

本田氏とSAXOPHONOTES

後半は元T-SQUAREの本田雅人氏とサポートバンドSaxopho-Notes(サクソフォ・ノーツ)によるステージです。
前回のフェスティバルの合奏の部でも演奏された「放課後は日曜日」をはじめ、本田氏の代表曲を中心とした大興奮のプログラムとなりました。

ふたり

最後は林田氏、本田氏のお二人をフロントにして「宝島」の演奏でフェスティバルは幕を下ろしました。

感動は次の舞台へ

フェスティバルご出演・ご来場の皆様、様々な形でご支援くださった皆様、ありがとうございました!
次回は2020年2月16日(日)に、仙台市宮城野区文化センターパトナホールにて「第8回東北サクソフォンフェスティバル」を開催する予定です。
詳細は当サイトに随時アップしてまいりますので、皆様ぜひ定期的なチェックをお願いいたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional